HOME/歯科 インプラント 高松市

審美歯科

健康保険範囲内の審美治療

保険の適応範囲でも白い歯を作れますが、材料は樹脂のみになります。

◇前歯への適応

前歯の白い部分はプラスチックしか認められません。また、裏側は保険適応外となり、 金属になってしまいます。 前歯への硬質レジンの治療には、保険が適応しますが認められる範囲は 歯の表面のみで、裏側は金属になってしまいます。

◇素材

健康保険ではレジンとレジン(プラスチック樹脂)に微細なセラミックを混ぜた 複合樹脂である硬質レジンがあります。 セラミック等は使用できません。

◇費用

保険が適応されるので料金的負担が少ない。

◇強度

樹脂の強度はあまり強くないため、しばしば破折をすることがあります。

◇仕上がり

また、色についても透明度が比較的低いため、セラミックのような自然な色は 出にくくなります。

◇天然歯との比較

欠点としては、水分吸収し変色しやすく耐久性もあまり優れていないこと、透明感や つやの問題もあり天然歯と同じように作ることが困難であるといえます。 健康保険において白い歯を作れる材料は樹脂のみで、セラミック等は使用できません。 樹脂の強度はあまり強くないため、しばしば破折をすることがあります。 また、色についても透明度が比較的低いため、セラミックのような自然な色は 出にくくなります。

健康保険範囲外の審美治療(セラミック、金)

【身体への影響】

生体親和性が高いため体にやさしく、金属アレルギーの心配もありません。

◇自然な仕上がり

裏側まで全てセラミックを用いたものがオールセラミックで、自然な仕上がりになります。

◇自然な使用感

歯とほぼ同じ硬さなので、咬み心地も優しく安心で、金属の透過による歯肉の黒変や 金属自体の露出もありません。

◇二次的虫歯の予防

その他適応外としては、ゴールド修復があります。金も生体親和性が高く アレルギーが起きにくい金属で、延展性があるので抜群の適合性を有するため、 隙間より細菌・唾液の浸入が少なく、二次的な虫歯を発生しにくいため長持ちします。

◇強度

金は腐食に強く適度な弾力と固さがあるため隣の歯や咬み合う歯の負担が少なく、 歯を支える組織に過度な負担をかけないなど多くの利点があります。 見た目を気にしなければ奥歯に関しては、最適な材料のひとつといえます。

◇費用

セラミック、金は保険適応外になり、料金的負担が比較的大きい。

◇さし歯

前歯および小臼歯で白い歯がつかえますが、大臼歯においては銀歯になります。

◇詰め物

どの歯においても白いものを使えます。

◇漂白

神経のない歯においてのみ行えます。



COPYRIGHT(C)TS DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.