HOME/歯科 インプラント 高松市

親知らず

親知らずの抜歯手術後の唇のしびれについて

親知らずの抜歯手術を受けた方は、抜いた部分が腫れてきたり痛んだりという経験をされることが多いですが、抜歯後唇にしびれが残るといった症状を訴える方もいます。

このしびれは麻酔によるものだけでなく親知らずの抜歯の処置による場合があります。親知らずの周囲には唇の感覚を伝える神経がありますが、これが親知らずの後方から、下を抜けて走行しています。

神経の位置などは人により多少の差はありますが、親知らずの特に接近していた場合、親知らずの抜歯手術の際、埋没した歯を露出するために歯肉の切開を行ったり歯根周囲の骨を削ることによってその神経を圧迫したり、良くないときには神経に傷をつけてしまうことがあります。

多くは一過性のしびれで、時間が経つにつれ範囲が徐々に狭まり消失しますが、中にはそのまま残ってしまう方もいます。

神経の修復には時間がかかるので長い経過観察が必要となることもあるので、多くの患者さんが不安に思われている原因の一つとなっています。。



COPYRIGHT(C)TS DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.