HOME/歯科 インプラント 高松市

親知らず

親知らずとは

親知らずは永久歯の中でも一番奥にはえてきまます。
奥なので磨きにくく、はえ方もまっすぐではなく斜めにはえてしまったり、
抜歯となるケースがほとんどです。

では、なぜ抜かなければならない親知らずが人間にはあるのでしょうか。

親知らずの存在理由はきちんとあります。

古代の時代には、人間は狩猟採集の生活を送っていました。
木の実などの固いものを食べ、肉も今のようにやわらかく調理する方法はありません。

ですから、昔の人間は固い物を食べて生活していました。
固い物を噛むには、すりつぶす役割のある、奥歯が何本も必要でした。
ですから、親知らずは昔にはきちんと存在理由があったのです。

しかし、現在では食生活も豊かになりました。
人間の顎もどんどん小さくなり、昔はきちんと親知らずまで並んでいたのに、
スペースがたりず斜めにはえてくるようになってしまいました。
このように、親知らずは昔は不要なものではなく、
人間の進化とともに使われなくなったのです。

>> 親知らずの抜歯治療を受ける場合の料金

>> 親知らずの抜歯手術に医療保険が適用されるか

>> 傷みの原因ともなる親知らずを抜歯する

>> 親知らずの抜歯手術後の唇のしびれについて

>> 親知らずの抜歯後歯磨きについて


COPYRIGHT(C)TS DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.