HOME/歯科 インプラント 高松市

インプラント

当院のインプラントはPOIシステムです。 POI EX(日本メディカルマテリアル株式会社) 京セラ株式会社と株式会社神戸製鋼所の医療材料事業の合併によって できた会社です。

インプラントは人工歯根といわれるもので、失った歯のところにねじのような物をうめこみ、歯の代用品として使う物です。

形状はテーパータイプとストレートタイプの2種類があり、表面処理は陽極酸化処理とハイドロキシアアパタイト・コーディングの2種類があります。

 

メリット

・健康な両隣の歯をけずらなくていい
・入れ歯になるはずのところに植えることができる(少ない欠損部位なら入れ歯にならない)
・総入れ歯の固定源になる

 

デメリット

・脱落することも少なくない(4〜5年くらい)
・骨の状態が悪い場合やメインテナンスの悪い方には挿入できない
・保険が利かないので高価
・一度挿入して脱落した部位は骨が再生しないので再埋入が厳しく、骨の状態は悪くなる

インプラントは、近年最も発達した歯科治療のひとつです。

歯を失った顎(あご)の中に、通常の歯根(歯の根)とは違う
チタン製の根を植え込むことで、入れ歯や、両側の歯を削って
かぶせるブリッジを入れずに噛める歯列をつくります。

当院では、すでに入れ歯になっている方、歯を失われた方、
これから入れ歯になりそうな方に、積極的にもともとの歯と同じように
噛むことができるインプラントによる治療法を薦めるようにしております。

 

インプラント治療の流れ

検査

インプラントが十分植え込むことができる骨であるかなどの条件の検査をします。 手術 30〜60分ほどの簡単な手術です。 痛みは抜歯よりも軽く、手術後も普段どおりの生活が可能です。

検査

術後、下顎ならば3ヶ月、上顎ならば6ヶ月で、インプラントがきちんと骨と なじんでいるかを調べます。

歯冠形成

インプラントの上に、冠をかぶせるための台を装着します。

歯冠装着

冠がついたら、その日から噛むことができます。


COPYRIGHT(C)TS DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.